通常上映

福岡アジア美術館「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」協力

マレーシア・シンガポール映画特集

急速に発展するマレーシアとシンガポールの映画特集


会 期:12月1日(金)~12月22日(金)※休館日・休映日除く
観覧料:500円
(大人)400円(大学生・高校生)300円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。) ※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)



チキンライス・ウォー
 Chicken Rice War

監督:チーク 
出演:ピエール・プン ラム・メイイー     




12月2日(土)11:00  
12月6日(水)14:00
12月21日(木)11:00

2000年/35ミリ/カラー/100分/シンガポール/
日本語・英語字幕付き

ウォン家とチャン家は隣あわせでチキンライスの店を営んでいた。両家は喧嘩が絶えなかったが、ウォン家のフェンソンはチャン家のオードリーと同じ大学で演劇部に属しており、次の芝居で二人は「ロミオとジュリエット」の主役に抜擢される。「ロミオとジュリエット」の物語を下敷きにしながら、映画の中でも実験的演劇で「ロミオとジュリエット」が演じられるという作品。ハイテンポで現代的な感覚のラブ・コメディである。

スター誕生 Already Famous

監督:ミシェル・チョン 
出演:ミシェル・チョン エイリアン・ホァン




12月2日(土)14:00
12月6日(水)11:00
12月21日(木)14:00

2011年/デジタル/カラー/118分/シンガポール/
日本語・英語字幕付き

マレーシアの田舎町に暮らすキャオはスターになりたくてシンガポールにやって来る。しかしオーディションはあっさり落選、芸能事務所にも相手にされない。それでもキャオは化粧品販売をしながらチャンスを待つ。監督・主演のミシェル・チョンはシンガポールのテレビ等で活躍する人気スター。脚本も彼女が書いたもので、スターを夢見る女性のコミカルでハートウォームなドラマである。

シンガポール・グラフィティ That Girl in Pinafore

監督:ツァイ・ユイウェイ 
出演:ダレン・タン ジュリー・タン     




12月1日(金)11:00
12月3日(日)14:00
12月22日(金)11:00


2013年/デジタル/カラー/115分/シンガポール/
日本語・英語字幕付き

ジャーミンを中心とする4人組の高校生たちはバンドを組んで音楽コンテストに出場する。そして同じくコンテストに出場していたメイとチャン姉妹3人組と知り合う。ジャーミントとメイは次第に惹かれあう。1993年のシンガポールを舞台とした作品。「新謡」と言われる音楽が流行し、当時の音楽がふんだんに盛り込まれた甘く切ない青春映画である

セブンレターズ 7 Letters

監督:エリック・クー、他 
出演:ナディア・M・ディン イエン・リーシュアン     




12月1日(金)14:00
12月3日(日)11:00
12月22日(金)14:00

2015年/デジタル/カラー/116分/
シンガポール=マレーシア/日本語・英語字幕付き

シンガポールを代表する7人の監督、エリック・クー、ジャック・ネオ、K・ラジャゴパル、ロイストン・タン、タン・ピンピン、ブー・ユンファン、ケルビン・トングがそれぞれ自国への想いを映画として描いた作品。過去から現在まで7つの短編で構成されたオムニバス作品であり、シンガポール独立50周年を記念して製作された。マレーシアの映画の黎明期に働いた元映画人の老人たちをノスタルジックに描いたエリック・クーの「Cinema」。同じアパートに暮らしているが言葉が通じないおばあさんと少年との交流を描いたロイストン・タンの「Bunga Sayang」。おじいちゃんの墓参りに行く中国系一家のドタバタを描いたケルビン・トングの「GPS」等、心温まる短編作品が並ぶ秀作である。また映画からは様々な人が暮らすシンガポールという国の歴史や文化を垣間見ることができる。

愛しのサルマ  Sayang Salmaha

監督:マハーディ・ムラー 
出演:アスハ・スライマン ファウズィア・ナウィ   




12月7日(木)11:00
12月9日(土)14:00

1995年/35ミリ/カラー/123分/マレーシア/
日本語字幕付き

50年代、独立当時のマレーシア。ゴム農園を営むジャバルの長男ハッサンは政治活動をしており、党内の内紛で逮捕される。二男のサレはキャバレーで知り合ったサルマと恋におち結婚するが、サレは真面目に農園経営をしないのだった。独立当時のマレーシアで農園を営む一家の没落の中に、当時の民族意識が投影される。ノスタルジー溢れる作品である。

ラスト・マレー・ウーマン The Last Malay Woman

監督:エルマ・ファティマ 
出演:エイズラン・ユソフ ファニダ・イミラン    




12月7日(木)14:00
12月9日(土)11:00

 

1997年/35ミリ/カラー/117分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

劇作家のハイカルはマレー人にとっての演劇について悩んでいた。東海岸のリゾートにやってきたハイカルは、ロンドン留学経験を持つ女性ムスティカと出会う。ムスティカの婚約者は急進的なイスラム教徒だった。様々な人種や宗教が入り混じるマレーシアで、近代化の中で問い直されるマレーシアのアイデンティティーについて考察した作品。

追いつ追われつ Senario Again

監督:アズィズ・M・オスマン 
出演:アズリ・ジャーファル ヤスィン・ヤーヤ     




12月8日(金)11:00
12月10日(日)11:00


1999年/35ミリ/カラー/120分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

アズリは中古車を買い家族旅行に出かける。ところが車にはまだオーナーがいて、店の店員マスランはアズリを追う。ところがアズリは車を盗まれてしまい、マスランと共に泥棒を追いかける。この映画に登場する主要人物は「シナリオ」というマレーシアで人気の5人組のグループである。5人のギャグやカーチェイス、インド映画のような踊りなど娯楽性溢れる作品で、マレーシア映画史上第2位の興行成績をあげた大ヒット作。

アドナン中尉 Lieutenant Adnan

監督:アズィズ・M・オスマン 
出演:ハイリー・オスマン ウミ・アイダ   




12月8日(金)14:00
12月10日(日)14:00


2000年/35ミリ/カラー/133分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

イギリス植民地時代のマレーシア。アドナンは18歳で軍に入り、めきめき頭角を現す。1941年12月に日本軍がマレー半島に上陸する。アドナンは兵士たちを集めて自分の国を守るのは自分たちだと訴える。アドナン中尉は実在の人物でマレーシアでの人気は高い。イギリスに見放されても最後まで戦ったアドナン中尉の姿が力強く描かれる。

ビッグ・ドリアン  The Big Durian

監督:アミール・ムハマド 




12月13日(水)11:00
12月20日(水)14:00


2003年/デジタル/カラー/75分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

1987年。クアラルンプールのチャイナタウンで、アダムという下士官がライフルを乱射する。監督はこの事件を目撃した人や住人にインタビューし、何が彼を犯行に駆り立てたのかを描いていくドキュメンタリー映画。本作の特徴はインタビューされる人の中に俳優が混じっており、演技をしている人がいること。虚像と実像を見分けるメディアリテラシー的な側面を持つ作品。

砂利の道 The Gravel Road

監督:ディーパク・クマーラン・メーナン 
出演:サーラダー サラン    




12月13日(水)14:00
12月16日(土)11:00

 

2005年/デジタル/カラー/92分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

シャンター一家はマレーシアに暮らすインド系の家族。父親はゴム農園で仕事をしていた。シャンターは将来村で教育者になるのが夢だった。高校の先生は優秀なシャンターに大学進学を勧めるが、父親は女性に高い教育は必要ないと考えていた。60年代のマレーシアにおけるインド系の家族を描いており、言語は南インドのタミル語である。家族の日常をスケッチのように描いた作品で、低予算の作品だが世界で高く評価された。

ダンシング・ベル Dancing Bells

監督:ディーパク・クマーラン・メーナン 
出演:ダルシニ ラメーシュ・クマール     




12月14日(木)11:00
12月16日(土)14:00


2006年/デジタル/カラー/98分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

ウマーは11歳の少女でインド系マレーシア人。17歳の兄のシヴァは学校にも行かず、洗車の仕事をしていた。ウマーの夢はインド古典舞踊を習う事。ある日シヴァは客の車で事故を起こしてしまう。クアラルンプールのインド人街で撮影された映画。経済発展から取り残されたインド系家族の物語だが、監督の家族に対する優しい視点を感じることができる傑作である。

相撲ら!  Let’s Sumo!

監督:アフドリン・シャウキ 
出演:アフドリン・シャウキ インティラ・チャオエンブラ    




12月14日(木)14:00
12月17日(日)14:00

 

2007年/35ミリ/カラー/144分/マレーシア=日本/
日本語・英語字幕付き

ラムリーは寿司の早食い競争に挑戦して失敗し、「ボレ寿司」で働くことになる。「ボレ寿司」には相撲のチームがあり、ラムリーはライバルの「ダイヤモンド寿司」に試合でコテンパンにやられてしまう。「ボレ寿司」チームは相撲大会でリベンジするため日本に合宿にやって来る。マレーシア在住の日本人が執筆した脚本を元にした娯楽作品。監督自身が熱心な相撲ファンである。太宰府や福岡市内で撮影されている点も注目。

ポケットの花 Flower in the Pocket

監督:リュウ・センタック 
出演:ジェイムス・リー ウォン・ツーヅャン     




12月15日(金)11:00
12月20日(水)11:00


2007年/デジタル/カラー/97分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

リー・アーとリー・オームは中国系マレーシア人の兄弟で小学生。二人は普段中国語で話すため、マレー語の学校の授業についていくことができない。ある日二人はマレー系の少女アタンと知り合う。そして三人は次第に仲良くなる。監督は日本の「母の日」の習慣が本作の着想と語る。母親がおらず父親と暮らす兄弟の家族の絆を簡素な映像で描いた作品。

水辺の物語 Woman on Fire Looks for Water

監督:ウー・ミンジン 
出演:チユン・シュンユァン フー・フェイリン     




12月15日(金)14:00
12月17日(日)11:00


2009年/35ミリ/カラー/102分/マレーシア/
日本語・英語字幕付き

マレーシアの田舎町。アーフェイは中国系のマレーシア人。彼は魚介類の加工工場で働き、リリィと結婚したいと思っていたが、リリィはお金持ちとの結婚を望んでいた。また工場の社長は娘とアーフェイを結婚させようと考えていた。川の側の村のゆっくりと流れるような時間が印象的な作品。美しい村の風景と共に、運命と共に生きる人々を静かに描いた作品。

上映スケジュール

ページの先頭へ