通常上映

シンガポール映画特集

図書館収蔵のシンガポール映画の特集


会期:12月16日(水)〜12月27日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:500円(大人)400円(大学生・高校生)300円(中学生・小学生)  

※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)


チキンライス・ウォー Chicken Rice War

監督:チーク
出演:ピエール・プン ラム・メイイー 




12月16日(水)14:00
12月20日(日)11:00
12月26日(土)11:00


2000年/35ミリ/カラー/100分/シンガポール/日本語・英語字幕付き

ウォン家とチャン家は隣り合わせでチキンライスの店を出しており、仲が悪かった。ウォン家の長男フェンソンはチャン家の長女オードリーと同じ大学で、二人とも演劇部に所属していた。演劇部の次の出し物は「ロミオとジュリエット」で、フェンソンとオードリーが主役を演じることになる。「ロミオとジュリエット」を下敷きにしたラブ・コメディ。ハイテンポな演出も見事な娯楽作品。

スター誕生 Already Famous

監督:ミシェル・チョン
出演:ミシェル・チョン エイリアン・ホァン




12月17日(木)11:00
12月20日(日)14:00
12月27日(日)11:00


2011年/デジタル/カラー/113分/シンガポール/日本語・英語字幕付き

マレーシアの田舎町に暮らすキャオはスターを夢見る。シンガポールでオーディションを受けるキャオだが、あっさり落選。やむなく化粧品販売をしながらチャンスを待つ。そしてコーヒーショップの店員クリストファーと仲良くなる。監督・主演のミシェル・チョンはシンガポールの人気スター。本作は彼女が始めて監督したもの。コミカルで心温まる物語である。

ねじきれ奇譚 Twisted

監督:ツァイ・ユイウェイ
出演:マーク・リー チュー・ミーミー




12月17日(木)14:00
12月26日(土)14:00


2011年/デジタル/カラー/100分/シンガポール/日本語・英語字幕付き

殺した愛人の幽霊に襲われる麻薬の密売人クアン。次々と殺人を重ねてしまうキャビンアテンダントの男性、インチキ霊媒師ホンは、本当に霊に取りつかれた娘と対決する。3話オムニバスのホラー映画だが、それぞれアクションやコメディの要素も取り込んだ新感覚の映画となっている。麻薬の売人クアンを演じるのはシンガポールで人気のコメディアン、マーク・リー。

シンガポール・グラフィティ That Girl in Pinafore 

監督:ツァイ・ユイウェイ
出演:ダレン・タン ジュリー・クー




12月18日(金)14:00
12月24日(木)14:00
12月27日(日)14:00


2013年/デジタル/カラー/115分/シンガポール/日本語・英語字幕付き


ジャーミンは高校受験に失敗するが、昔の仲間とバンドを組んで音楽コンテストに出場する。そして同じコンテストに出ていたメイ達のグループと仲良くなる。しかしメイは病気でアメリカに行く予定だった。1990年代のシンガポールが舞台。英語教育が盛んになり、「新謡」と言われる音楽が流行した。当時のヒット曲がふんだんに使われており、監督の青春時代とも重なっている。切なく甘い青春群像である。

The Obs: A Singapore Story 

監督:ヨー・シュウホア




12月18日(金)11:00
12月24日(木)11:00


2015年/デジタル/カラー/97分/シンガポール/日本語・英語字幕付き


シンガポールを拠点に活躍するインディペンデント系ロック・バンド「オブザーバトリー」の活動を記録したドキュメンタリー。バンドの始まりからアルバムの制作過程などが、バンドメンバー等へのインタビューで描かれる。東南アジアの伝統音楽や前衛音楽を取り込みながら変遷していく彼らの音楽が、90年代から現在までのシンガポール音楽シーンと共に描かれる。

セブンレターズ 7 Letters

監督:ロイストン・タン 他
出演:ナディア・M・ディン イエン・リー・シュアン   




12月19日(土)14:00
12月23日(水)14:00
12月25日(金)14:00


2015年/デジタル/カラー/116分/シンガポール/日本語・英語字幕付き

7人の監督によるオムニバス映画。介護施設に暮らす元映画製作者の老人たち。クラスメイトの男の子に恋をする女の子。イギリス軍がシンガポールから撤退するときに決断を迫られる家族。古いアパートで暮らすおばあさんと少年の交流など、シンガポールを描いた様々な物語はそのままシンガポールの歴史となっている。シンガポール建国50周年記念として製作された作品。

ワンダーボーイ・ストーリー Wonder Boy

監督:ディック・リー 他
出演:ベンジャミン・キン ジュリー・タン




12月19日(土)11:00
12月25日(金)11:00


2017年/デジタル/カラー/96分/シンガポール/日本語・英語字幕付き

1970年代のシンガポール。リーは将来ポップ・スターを夢見ていたが、学校ではロックは禁止だった。しかし彼はマークを中心としたバンド「ワンダーボーイズ」にキーボード奏者として参加。校内の音楽コンクールで決勝に勝ち上がる。シンガポールの大スター、ディック・リーの若き日を描いた作品で、ディック・リー本人が監督・脚本を行っている。彼の初期の曲がふんだんに盛り込まれている。

上映スケジュール

ページの先頭へ