特別企画

ベトナム映画の現在

〜インディペンデント映画の鬼才ファン・ダン・ジー監督によるセレクション〜
ベトナム映画史に残るクラシックの名作から最先端の若手監督作品まで、計14作品を上映します。
上映作品はすべて福岡市総合図書館フィルムアーカイヴ収蔵のベトナム映画で、新進気鋭の若手監督作品は、ファン・ダン・ジー監督の全面協力により2020年に総合図書館への寄贈が実現しました。
6月6日(日)には、オンライン・シンポジウム「ベトナム映画の歴史的名作から現在まで」を開催します。詳細はこちら


会期:6月2日(水)~6月13日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:600円(大人)500円(大学生・高校生)400円(中学生・小学生)  

主催:アテネ・フランセ文化センター 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ実行委員会
共催:ファン・ダン・ジー 在福岡ベトナム社会主義共和国総領事館
助成:国際交流基金アジアセンター アジア・文化創造協働助成
協賛:九州ベトナム友好協会
協力:秋葉亜子 あいち国際女性映画祭 
※各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方及び福岡市在住の65歳以上の方は300円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は300円。(会員証の提示が必要です。)


無人の野 Wild Field
監督:ホン・セン 出演:グエン・トゥイ・アン ラム・トイ




6月2日(水)14:00
6月4日(金)14:00

1979年/35ミリ/モノクロ/94分/ベトナム/日本語・英語字幕付き

ベトナム戦争中、無人地帯とされていたメコンデルタを舞台に、解放軍の連絡員として住んでいる夫婦と幼子の生活を描き出す。身を隠しながら情報収集をしていた彼らを、米軍が執拗に追跡する。モスクワ映画祭で金賞となり、ベトナム映画史上、初めて国際映画祭で最高賞を獲得した作品となった。

十月になれば How I Long for October
監督:ダン・ニャット・ミン 出演:レ・ヴァン グエン・フー・ムイ




6月5日(土)11:00
6月11日(金)11:00

1984年/35ミリ/モノクロ/86分/ベトナム/日本語字幕付き

ズエンのもとに夫の戦死の知らせが届く。彼の帰りを待つ家族を悲しませたくない一心で、彼女は夫からの手紙を偽装して、生きているかのように見せかける。心優しい詩情豊かな作品。ベトナム映画界を代表する巨匠ダン・ニャット・ミン監督の代表作の1本。

砂のような人生 Sandy Lives
監督:グエン・タイン・ヴァン 出演:ドン・ズオン マイ・ホア 




6月4日(金)11:00
6月11日(金)14:00

1999年/35ミリ/カラー/90分/ベトナム/日本語・英語字幕付き

ベトナムが統一された1975年。主人公のカインは20年ぶりに妻の待つ南部の村に帰ってきた。しかし、離れ離れの長い年月の中で、彼は北部で別の女性と結婚していた。南北分断の長い年月による人々の変化を丁寧に描いた作品。ベトナム映画でしか描けない、慈しむような傑作。

メタオ There was Once a Time When…
監督:ヴィエト・リン 出演:ズン・ニー ミン・チャン




6月9日(水)14:00
6月12日(土)14:00

2002年/35ミリ/カラー/108分/ベトナム/日本語・英語字幕付き

メタオ地方の領主グエンは、民たちからの信頼も厚く尊敬されていた。しかし、婚約者を不慮の事故で失って以降、近代文明の一切を拒否し、まるで人が変わったように振る舞う。20世紀初頭のフランス植民地時代を舞台に、儚い愛の物語が、哀愁を帯びた音楽に乗せて描かれる。ベトナムを代表する女性監督ヴィエト・リン作品。

ビー、心配しないで!  Bi, Don’t be Afraid!
監督:ファン・ダン・ジー 出演:ファン・タイン・ミン グエン・ティ・クエウ・チン




6月6日(日)14:30
6月10日(木)11:00

2010年/デジタル/カラー/92分/ベトナム=フランス=ドイツ/日本語字幕付き/字幕提供:大阪アジアン映画祭

ハノイに住む6歳の少年ビーの家に、重病の祖父がやって来る。それと時期を同じくして両親の関係がうまくいかなくなり、父親は浮気相手のもとへ入り浸るように…。ベトナムニューウェーブを牽引するファン・ダン・ジー監督の初長編映画。監督の少年時代の思い出が込められている。※15歳未満鑑賞不可。

どこでもないところで羽ばたいて Flapping in the Middle of Nowhere
監督:グエン・ホアン・ディエップ  出演:グエン・トゥイ・アン ホアン・ハ 




6月10日(木)14:00
6月13日(日)14:00

2014年/デジタル/カラー/102分/ベトナム=フランス=ノルウェー=ドイツ/日本語字幕付き

故郷を離れ、ハノイで大学に通うフウェンと労働者のトゥン。ある日フウェンの妊娠が発覚したが、経済的に苦しい生活を送る二人は中絶を選択する。女性監督グエン・ホアン・ディエップの監督デビュー作。ナント三大陸映画祭審査員特別賞など数多くの映画祭で受賞して注目を集めた。

大親父と、小親父と、その他の話 Big Father, Small Father, and Other Stories
監督:ファン・ダン・ジー 出演:ドー・ティ・ハイ・イェン レ・コン・ホアン




6月9日(水)11:00
6月12日(土)11:00

2015年/デジタル/カラー/102分/ベトナム=フランス=ドイツ=オランダ/日本語字幕付き/字幕提供:大阪アジアン映画祭

21世紀を迎えるホーチミン市。写真を学ぶヴーはハンサムなルームメイトのタンに惹かれ、ホーチミンの歓楽街の世界を楽しむようになる。やがてタンの友人の娼婦ヴァンとも知り合い3人は三角関係になっていく。ホーチミンに暮らす若者の揺れ動く生活を描いた作品。※15歳未満鑑賞不可。 。

樹上の家 The Tree House
監督:チューン・ミン・クイ 出演:リー・ミー・ノー ホー・ヴァン・ラン




6月3日(木)11:00
6月13日(日)11:00

2019年/デジタル/カラー/94分/ベトナム=シンガポール=ドイツ=フランス=中国/日本語・英語字幕付き

一台のカメラと録音機を持って2045年の火星に降り立った男。映画制作に取り掛かるうちに、遠く離れた故郷に住む人々に思いを馳せる。長年木の上に住む男性へのインタビューや、アメリカ兵によって撮られた記録映像の断片を織り交ぜながら“家”とは何かを問いかけるドキュメンタリー映画。


ベトナム・インディペンデント映画の短編傑作集
上映日時: 6月3日(木)14:00  6月5日(土)14:00 
上映時間は6作品で計119分) 監督紹介はこちら




アナザー・シティ Another City
監督:ファム・ゴック・ラン

2016年/デジタル/カラー/25分/ベトナム/日本語字幕付き

憂いを抱えた中年女性や、仲間とカラオケに興じながらも失恋に涙する青年。そして、幸せそうな新郎と相反するように、暗い面持ちでウェディングドレスに身を包んだ新婦。都市に住み、一見まったくの他人同士に見える彼らだが、実は微妙な関係性でつながっている。彼らはそれぞれに漠然とした不安や悲しみを抱えながらも、食事を共にする。無機質な都会を舞台に、人々の苦悩を断片的に組み込み、新たな表現を試みた群像劇。




聖地 Blessed Land
監督:ファム・ゴック・ラン

2019年/デジタル/モノクロ/19分/ベトナム/日本語語字幕付き

砂丘にある朽ちかけた墓地で、女性は息子と共に亡き夫の墓を探すが、土地開発により墓地は荒廃し、夫の墓は見つからない。一方、砂丘の向こう側では無縁墓地だったところに広大なゴルフ場が建設され、中年の男が若い愛人を同伴し、コースでプレーしている。かつては聖地とされた土地を舞台に、大きく乖離する親子と中年男の世界が描かれ、商業開発が進む現代と失われゆくベトナムの過去、そして生と死が、モノクロの色調の中で浮かび上がる。




蟻人 The Ant Man
監督:ヴィエト・ヴー

2018/デジタル/カラー/26分/ベトナム/日本語字幕付き

体に蟻が棲みついている同性愛者の青年は、時に蟻のように地を這う。祖母と思しき高齢女性と同居し、昼間は木工細工の職人として働いているが、夜はただ無言で祖母とテレビに見入る生活。鬱屈した日常を送る中、時に性の衝動に駆られ相手を探すが、食堂で居合わせた客から同性愛を侮辱され、殴り合いのケンカとなる。監督デビュー作ながら、ラストは衝撃的なシーンで締めくくられる。※15歳未満鑑賞不可




常に備えよ Stay Awake, Be Ready
監督:ファム・ティエン・アン

2019年/デジタル/カラー/14分/ベトナム/日本語字幕付き

街角の路上は、屋台で夕食をとる客でにぎわっている。通行人やバイクも頻繁に通る喧騒の中、交通事故が起き騒然となるが、人々はすぐに何事もなかったかのように食事や会話を再開する。営業でビールを売り込む若い女性、慣れた様子で口から火を噴くパフォーマンスを披露する少年、そして皮肉にも日頃の用心や備えを話し合う男性3人組など、同じ街角を全編ワンショットでとらえ、人々の生き様をリアルに描き出す。




天国にいたる道  A Trip to Heaven
監督:ズーン・ジウ・リン


2020年/デジタル/カラー/15分/ベトナム/日本語字幕付き

50歳の未亡人タムは、友人と共にメコン川のバスツアーに参加し、初恋の人と再会する。町一番の美男子だった彼と、クラスのマドンナ的存在だった自分との恋愛を思い出し、心躍らせるタム。一方、かつての恋人は無関心なそぶりを見せるが、ツアーの最後に「天国への階段」を訪れた二人は・・・ 生から死への流れを象徴するメコン川を背景に、第二の人生を歩む女性の想い、そして魂の旅路が描かれる。




曇天 Live in Cloud Cuckoo Land
監督:ヴー・ミン・ギア ファム・ホアン・ミン・ティ

2020年/デジタル/カラー/20分/ベトナム/日本語字幕付き

恋愛を期待するウェディングドレス店員の女性と、ドレス選びで来店した裕福なカップル、そしてマイクを手に路上パフォーマンスを行う青年。自らの声ともいえるスピーカーを強奪された青年は、馬に変身してしまう。メタモルフォーゼ、また神話のイメージが描かれる中、登場人物は時空を越えて交錯し、さまよう。現実と幻想、生と死の境界すら曖昧になる。そして人々は、曇りだが雨は降っていない川岸に姿を現し、カンツォーネ「私の太陽」がシンボリックに流れる中、結び付いていく。

上映スケジュール

ページの先頭へ