特別企画

「イラン映画を福岡の宝物に」プロジェクト発足記念

イラン映画の巨匠たち

イラン映画を代表する巨匠たちの作品を特集


会期:7月7日(水)~7月25日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:600円(大人)500円(大学生・高校生)400円(中学生・小学生)  

※各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方及び福岡市在住の65歳以上の方は300円。(手帳や保険証などの原本の提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は300円。(会員証の原本の提示が必要です。)


 The Cow

監督:ダリユシ・メヘルジュイ 出演:エザトタ・エンテザミ アリ・ナスィリアン    




7月7日(水)14:00
7月10日(土)14:00
7月15日(木)14:00

1969年/デジタル/モノクロ/104分/イラン/日本語字幕付き

ハサンは村に一頭しかいない牛を飼っており、自分の子どものように溺愛していた。ある日ハサンが外出している間に牛が謎の死を遂げる。村人たちはハサンの事を思い、牛が逃げたと嘘をつく。悲しみに暮れるハサンは次第に牛のようになっていく。イラン映画の巨匠メヘルジュイ監督の監督第2作。イラン映画界に大きな衝撃を与え興行的にも大ヒットとなる。71年ヴェネチア映画祭で国際批評家を受賞、70年代イラン映画の金字塔と言われる作品。主演のエザトラ・エンテザミは本作がデビューだが、その凄まじい演技で注目された。

ハーモニカ Harmonica

監督:アミル・ナデリ 出演:マームド・グダルズィ シーラ・ダルビシ   




7月8日(木)11:00
7月17日(土)11:00
7月23日(金・祝)11:00

1973年/35ミリ/カラー/80分/イラン/日本語・英語字幕付き

アブドルはみんなにいじめられる少年だった。ところがおじいさんから日本製のハーモニカをもらうと、みんなハーモニカがうらやましくてアブドルにお菓子を持ってくる。次第にアブドルは傲慢になっていく。イスラム革命前のイラン映画の代表的作品。力と権力の構造を寓話的に表現した作品で当時議論を巻き起こした。

友だちのうちはどこ? Where is the Friend’s Home?

監督:アッバス・キアロスタミ 出演:ボバック・アマドプール アマッド・アマドプール   




7月8日(木)14:00
7月14日(水)11:00
7月18日(日)11:00

1987年/35ミリ/カラー/83分/イラン/日本語・英語字幕付き

アーマッドは友達のレザのノートを間違えて持って帰ったことに気が付く。アーマッドはノートを返そうと隣村のレザの家を探す。しかしレザの家はなかなか見つからない。さわやかな感動を呼ぶ作品で、秀逸なラストはすべての観客の胸を打つ。世界的に知られるキアロスタミ監督の代表作の1本で、80年代イラン映画を代表する傑作と言われている。

オフ・ザ・リミット Off the Limits

監督:ラクシャン・バニエテマッド 出演:メヘディ・ハシェミ パルヴァネ・マスミ   




7月9日(金)11:00
7月18日(日)14:00
7月24日(土)14:00

1988年/35ミリ/カラー/92分/イラン/日本語・英語字幕付き


国家公務員のハリミは、カオス市に家を買う。ところが泥棒が入り、泥棒を捕まえたハリミは警察に連れていくが、管轄外と言われる。ハリミの住所を管轄する部署を探して、ハリミは右往左往してしまう。女性監督ラクシャン・バニエテマッドのデビュー作。社会風刺的な作品で、コメディ的な要素をふんだんに盛り込んでいる。

サイクリスト The Cyclist

監督:モフセン・マフマルバフ
出演:モハッラム・ゼイナールザーデ エスマーイール・ソルターニヤーン  




7月9日(金)14:00
7月15日(木)11:00
7月25日(日)14:00

1989年/35ミリ/カラー/82分/イラン/日本語・英語字幕付き

アフガニスタンから移民としてイランに来た男は、妻の入院費を稼ぐため、1週間止まらずに自転車をこぎ続けるという見世物を行う。男は広場をぐるぐる回りながら自転車をこぐ。最初は観客は少ないが日がたつにつれ、話題となっていく。すべてのイラン人が見たと言われるほどの大ヒット作。マフマルバフ監督の名を世界的に高めた。

クローズ・アップ Close-Up

監督:アッバス・キアロスタミ モフセン・マフマルバフ   




7月10日(土)11:00
7月16日(金)14:00
7月22日(木・祝)11:00

1990年/デジタル/カラー/100分/イラン/日本語字幕付き

失業者のサブジアンは、バスの中で自分は有名な監督のモフセン・マフマルバフだと嘘をつく。著名な監督に会えて喜ぶ人々は彼をもてなす。そしてある家でここで映画を撮ると言い出す。本作は実話に元づくドキュメンタリー映画であり、本人が出演して事件を再現するというフィクションでもある。キアロスタミ監督のこの斬新な手法はイラン映画の中でブームとなる。

トラベラーズ Travellers

監督:バハラム・ベイザイ 出演:モズデ・シャムサイ ジャミレ・シェイキ




7月14日(水)14:00
7月21日(水)11:00
7月24日(土)11:00

1992年/35ミリ/カラー/98分/イラン/日本語字幕付き

マロクは結婚式の準備をしていた。田舎に住む彼女の姉は、結婚式に出席するためテヘランに向かうが、途中事故で死亡してしまう。結婚式は一転葬式となるが、しかし祖母は「姉はここに現れる」と信じて疑わない。イラン映画の巨匠ベイザイ監督の映画話術の巧みさが効果を上げる作品。イラン国内のファジル映画祭で多くの賞を受賞。

魅惑 The Love-Stricken

監督:アリ・ハタミ 出演:ファラマルズ・セディキ アミン・タロク    




7月16日(金)11:00
7月21日(水)14:00
7月23日(金・祝)14:00

1992年/35ミリ/カラー/91分/イラン/日本語・英語字幕付き

20世紀初頭。アフマッド国王は音楽を愛しており、イランの音楽をフランスでレコードにすることにする。タールの名手である元軍人デルナバスが中心となり、楽団が組まれ、一行はフランスに向かう。しかし財政難で録音はなかなか進まない。アリ・ハタミ監督はイランの文化や伝統を描くことに情熱を傾けた監督。絵画を思わせる美しい映像や音楽が素晴らしい。

特別上映 ホテルニュームーン Hotel New Moon

監督:筒井武文 出演:ラレ・マルズバン 永瀬正敏   




7月11日(日)11:00
7月17日(土)14:00
7月22日(木・祝)14:00
7月25日(日)11:00

2019年/デジタル/カラー/95分/イラン=日本/日本語字幕付き

モナは大学生。父は亡くなっており母親と二人暮らしだが、過保護な母親が嫌になっていた。ある日モナは母がホテルで知らない日本人男性と会っているところを目撃、自分の父親に関する今までの母の説明に疑問を持つ。本作は筒井武文監督がイランの風景と人に一目ぼれしたことから製作された。母親役のマーナズ・アフシャンはイランで国民的人気の女優。日本とイランで撮影された国籍を超えた合作映画である。
※7月11日(日)の上映後、本映画のプロデューサー、ショーレ・ゴルパリアンさんの質疑応答があります。

上映スケジュール

ページの先頭へ