通常上映

トルコ映画特集

図書館収蔵のトルコ映画の特集


会期:12月8日(水)~12月26日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:500円(大人)400円(大学生・高校生)300円(中学生・小学生)  

※各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの原本の提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は250円。(会員証の原本の提示が必要です。)


少女ヘジャル Hejar

監督:ハンダン・イペクチ 出演:ディラン・エルチェティン シュクラン・ギュンギョル     




12月8日(水)14:00
12月19日(日)11:00
12月23日(木)11:00

2001年/35ミリ/カラー/120分/トルコ/日本語・英語字幕付き

5歳の少女ヘジャルは、イスタンブールに住む親戚の元にやって来る。ところがアパートが警察に襲撃され、ヘジャルの親戚たちは死亡。ヘジャルは偶然同じアパートに住む元判事ルファトに保護される。クルド人でトルコ語が話せないヘジャルと、クルド語が話せないルファトはなかなか意思が通じ合わない。本作は一度上映禁止となり、裁判で公開を勝ち取ったという作品。

インターナショナル The International

監督:スッル・スレイヤ・オンデル ムハッレム・ギュルメズ 出演:ジエズミ・バスクン オズギュ・ナマル




12月9日(木)11:00
12月19日(日)14:00
12月22日(水)14:00

2006年/35ミリ/カラー/106分/トルコ/日本語・英語字幕付き

1982年トルコ南東部の村。軍の司令官は軍楽隊を作ることを命じる。町の楽団が呼ばれて急作りの軍楽隊となるが、彼らは軍の音楽など演奏したことがない。ある日軍の評議員が町に来ることになり、彼らは演奏を命じられるが、何を演奏してよいか分からないのだった。監督の経験がアイデアの元になっている。政府と一般大衆との意識の乖離を描いた悲喜劇である。

至上の掟  Bliss

監督:アブドッラー・オウズ 出演:ムラット・ハン オズギュ・ナマル




12月9日(木)14:00
12月18日(土)14:00
12月23日(木)14:00

2006年/35ミリ/カラー/110分/トルコ/日本語・英語字幕付き

トルコの田舎の村。若い娘メルイェムが何者かに襲われる。村の掟では彼女は死なねばならない。又従兄のジェマルが彼女を殺す役割を命じられるのだが、ジェマルは彼女を殺すことができず二人で逃亡してしまう。トルコに残る因習を糾弾し、同時に現代社会への批判にもなっている作品。スリリングな展開と結末は娯楽性に富んでおり、新しい世代のトルコ映画として評判となった。

卵  Egg

監督:セミヒ・カプランオウル 出演:ネジャット・イシレル サーデット・ウシュル・アクソイ




12月10日(金)11:00
12月18日(土)11:00
12月24日(金)14:00

2007年/35ミリ/カラー/97分/トルコ=ギリシャ/日本語・英語字幕付き


詩人のユスフは母親の訃報を受け、久しく帰っていなかった故郷の村に帰る。家には母親と同居していた遠縁の娘アイシャがいた。そしてユスフはアイシャと母親の供養のため聖人の墓に出かける。本作はカプランオウル監督の詩人ユスフを主人公とした3部作、「蜂蜜」「ミルク」「卵」の第3部にあたる。母親や故郷に対するユスフの内省的な時間が静かに語られる。

難民キャンプ Refugee

監督:レイス・チェリッキ 出演:ルク・ピエス デルヤ・ドゥルマズ




12月10日(金)14:00
12月17日(金)11:00
12月25日(土)11:00

2008年/35ミリ/カラー/107分/トルコ/日本語・英語字幕付き

トルコ北東部の村に住むクルド人青年のシヴァンに、放火の疑いがかけられる。地主であるシヴァンの父親は、亡命のブローカーに依頼しシヴァンをドイツに送る。難民キャンプに入れられたシヴァンは、そこで様々な国の難民たちに出会う。監督は6年にわたり難民キャンプを取材しており、映画に描かれる難民認定手続等は実際とほぼ同じである。精神的に追い詰められていく主人公の苦難がリアルに描かれる。

11時10分前 10 to 11

監督:ペリン・エスメル 出演:ネジャット・イシレル ミトハト・エスメル




12月11日(土)11:00
12月17日(金)14:00
12月24日(金)11:00

2009年/35ミリ/カラー/115分/トルコ=フランス=ドイツ/日本語・英語字幕付き

83歳のミトハトはイスタンブールの古いアパートで一人暮らし。彼は様々な物を収集しており、溢れた収集物は住人の苦情になっていた。アパートは老朽化しており建て替えが必要だったが、ミトハトの反対でまとまらない。ミトハト老人は監督の実の伯父で、本作は監督が本人をモデルに物語を作ったもの。旧市街に住む人々と街を、ノスタルジックに愛情をこめて描いた作品。

  ~「11時10分前」について~
ペリン・エスメル監督は、自身の伯父でコレクション収集癖のあるミトハトの姿を追ったドキュメンタリー映画「The Collector」を2002年に発表。このドキュメンタリーをもとに、2009年に長編である「11時10分前」を製作し、サン・セバスティアン映画祭(スペイン)等、数々の国際映画祭で高く評価された。同作では、アパート管理人のアリ役はトルコの有名俳優が演じているが、主演は伯父本人が務め、伯父にとっては高齢ながら演技初披露の作品となった。  監督は、自らのコレクションに固執するミトハトを特別な存在として愛情をこめて描きつつも、「自分の伯父だからという理由だけでなく、人生に挑んでいく“闘士”としての生き方を尊敬している」と語る。そして、古いものと新しいもの、また、過去・現在そして未来が共存していくことは可能なのか、という問いを作品を通して投げかけている。  監督によると、伯父は実生活でもインターネットやデジタルの世界を信用していない。実際に触れられるもの、そこに存在しているものでなければ、安全・安心は得られず、明日にも消滅するかもしれないと考え、インターネットやパソコンを頑なに拒否し続けているという。  彼にとっての最大の恐怖は、自分の記憶や思い出を失うことであり、自分に関わるすべてを確実につなぎとめておきたい、という切実な願いを抱いている。しかしその一方で、高齢ゆえに、伯父には最近少しずつ物忘れの症状が見られる、と当時の監督は語っている。  エスメル監督はその後もドキュメンタリーと劇映画製作の両方に取り組み、20年以上にわたり活躍を続けている。
(参考:アジアフォーカス福岡国際映画祭2010 上映後の監督Q&A)

9月 The September

監督:ジェミル・アアジュックオウル 出演:ギョルケム・イェルタン トゥルガイ・アイドゥン




12月11日(土)14:00
12月16日(木)11:00
12月26日(日)11:00

2011年/35ミリ/カラー/88分/トルコ/日本語・英語字幕付き

ユスフは妻の入院をきっかけに、同室に入院していたロシア人女性エレナと知り合う。妻の退院後のある日、ユスフの元にエレナから助けてほしいという電話が来る。映画の題名は「9月の物語」という意味で、ユスフの4日間の行動を描いている。平凡な男がふとしたきっかけで日常を踏み越えてしまうという物語。監督は著名な写真家で本作が初監督となる。

沈黙の夜 Night of Silence

監督:レイス・チェリッキ 出演:イルヤス・サルマン ディラン・アクスット




12月12日(日)11:00
12月16日(木)14:00
12月25日(土)14:00

2012年/35ミリ/カラー/91分/トルコ/日本語・英語字幕付き

トルコの山奥の村。家の名誉のために母親とその愛人を殺した男が刑期を終えて帰って来る。男はすでに60歳だが、親戚たちは彼のために花嫁をめとらせる。盛大な結婚式の後男は初めて花嫁と出会う。花嫁はなんと14歳だった。男は彼女を抱こうとするが、花嫁はいろんな話題を持ち出して彼に話をせがむのだった。
物語は監督のオリジナル。古い因習が残る山村での不思議な物語。映画のほとんどが花嫁の寝室での二人の会話であり、音楽もないが、映画は緊迫感にあふれている。そしてラストは様々な解釈が可能である。トルコ映画の巨匠チェリッキ監督の傑作である。

私は彼ではない I'm Not Him

監督:タイフン・ピルセリムオウル 出演:エルジャン・ケサル マルヤム・ザレ   




12月12日(日)14:00
12月15日(水)14:00
12月26日(日)14:00

2013年/デジタル/カラー/129分/トルコ=ギリシャ=フランス/日本語・英語字幕付き

ニハットは独身の中年男。ある日彼は同僚の女性アイシェから食事を誘われる。アイシェの家に行ったニハットは、服役中の彼女の夫が自分そっくりであることを知る。アイシェと交際するうちにニハットは、彼女の夫になったように錯覚していく。アイデンティティの混乱は監督の重要なテーマ。ヒッチコックの映画のようなサスペンスに溢れる作品。

上映スケジュール

ページの先頭へ