通常上映

中央アジアの映画特集

総合図書館収蔵の中央アジアの映画特集

会期:6月15日(水)~26日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生) 

※各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの原本の提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は250円。(会員証の原本の提示が必要です。)


まぼろしの砦 Fortress
監督:シャーミル・ナジャフザデ 出演:ラーシム・バラエフ ユーリア・ペレシルド




6月16日(木)11:00
6月25日(土)11:00


2008年/35ミリ/カラー/83分/アゼルバイジャン
日本語・英語字幕付き

山間のカラス村には古い城跡があり、時代劇を撮影するために映画の撮影隊がやって来る。女優に憧れるガリーナなど村人は興味津々となる。そこに突然軍隊が来て、敵が迫っているので避難するようにいう。アゼルバイシャンはイラン、アルメニア、ロシアに囲まれており、91年に独立するが、アルメニア系住民との内戦が続いた。突然訪れる戦争の悲劇が描かれる。

演説者 Orator
監督:ユスフ・ラジコフ 出演:バッハジル・アディロフ ローラ・エルトエヴァ




6月16日(木)14:00
6月25日(土)14:00

1999年/35ミリ/カラー/83分/ウズベキスタン
日本語・英語字幕付き

1915年のタシケント。イスカンデルはイスラムの戒律に従い、死んだ兄の妻二人を引き取る。ところが17年にロシア革命が起こり、一夫多妻制が禁止される。困ったイスカンデルだが、彼は共産党の中で意外な才能を発揮する。共産党員でありながら3人の妻を愛そうとする主人公の行動はコミカルで、世界中の映画祭で好評を博した作品。

男が踊るとき Men’s Dance
監督:ユスフ・ラジコフ 出演:アリシェル・ハムラエフ セヴィンチ・ムミノワ




6月17日(金)11:00
6月26日(日)11:00

2002年/35ミリ/カラー/77分/ウズベキスタン
日本語・英語字幕付き

サナムとトシュテミルは幼い頃から結婚を約束されていた。時がたち二人は成人するが、トシュテミルはなかなかサナムに求婚できない。やっとのことで求婚するトシュテミル。しかしトシュテミルの祖父が亡くなり、結婚式は延期となる。周囲に振り回され、様々な事情で結婚できない二人をコミカルに描いた作品。ウズベキスタンの風習を織り交ぜながら描かれる軽やかなラブストーリー。

天空の路 The Road under the Heavens
監督:カマラ・カマロワ 出演:アジズ・ラメトフ ザリナ・ニザメトディノワ




6月17日(金)14:00
6月26日(日)14:00

2006年/35ミリ/カラー/75分/ウズベキスタン
日本語・英語字幕付き

美しい女性ムハバットは、若い男に誘惑され、妊娠する。それを知った男は軍隊に入ってしまう。家族から非難されるムハバットは家を逃げ出し、倒れていたところをアジズに助けられる。多くの民族音楽やダンスが盛り込まれており、一種のミュージカルであるが、通常の物語とは一線を画す語り口で描かれる。ウズヘキスタンの文化をモザイクのように組み込んだ想像力あふれる作品。

盗まれた花嫁 Pure Coolness
監督:エルネスト・アブディジャパロフ 出演:ティンチティック・アビルカシモフ アセーム・トクトベコワ




6月18日(土)11:00
6月23日(木)11:00

2007年/35ミリ/カラー/100分/キルギスタン=カザフスタン
日本語・英語字幕付き

アセームとムラットは結婚を考える。ムラットはアセームを親に紹介しようと、出身の村に彼女を連れていく。そこはキルギスの伝統が色濃く残る村だった。他の部族や村から女性を奪って結婚する「略奪婚」を描いた作品。古くからあるキルギスの風習だが、監督は野蛮なものとしながらも一方的に否定はしない。随所に盛り込まれるコミカルなシーンが本作を明るくしている。


山嶺の女王クルマンジャン Kurmanjan Datka Queen of the Mountains
監督:サディク・シェル・ニヤーズ 出演:エリナ・アバイ・キズィ ナジラ・マムベトワ




6月15日(水)14:00
6月19日(日)14:00
6月24日(金)14:00

2014年/デジタル/カラー/136分/キルギスタン
日本語・英語字幕付き

19世紀初頭のキルギス。モングシュ族の娘クルマンジャンは、親が決めた結婚相手を嫌い、族長のアルムベクと結婚する。アルムベクはキルギス統一の夢を抱いていた。クルマンジャン・ダトカ(1811―1907)は、キルギスの「国の母」といわれる歴史上の人物。本作は彼女の生誕200年を記念して、国家規模のプロジェクトで作られた歴史大作。

少年と狼  Wolf Cub among People
監督:タルガット・テメノフ 出演:アイキン・カリコフ ヌルジュマン・イフティムバエフ




6月18日(土)14:00
6月23日(木)14:00

1989年/35ミリ/カラー/83分/カザフスタン
日本語・英語字幕付き

11歳のサマトは祖母と二人暮らし。ある日サマトは森で狼の子どもを見つけて家に連れて帰る。家族に反対されてもサマトは外でこっそりと狼を飼うのだった。本作の製作は丁度ソビエト連邦の崩壊の時期と重なっており、ソビエト映画として製作され、最終的にはカザフスタン映画となった。瑞々しいタッチと抒情性を感じる作品である。

父への電話  A Call to Father

監督:セリック・アプリモフ 出演:ズィガー・ミルザベック エルブラート・オスパンクーロフ




6月19日(日)11:00
6月22日(水)14:00
6月24日(金)11:00

2017年/デジタル/カラー/103分/カザフスタン
日本語・英語字幕付き

カザフスタン北部の村。6歳の少年エルケンは医者からADHD(注意欠陥多動性障害)の兆候があると診断される。さらに兄を不慮の事故で亡くし、母親は家を出る。エルケンと父親の二人の生活が始まる。荒廃し何もないような村で、ある家族が離散していく物語。父と息子の交流がささやかな希望として描かれる。

上映スケジュール

ページの先頭へ