通常上映

アニメーション映画特集

親子で楽しめるアニメーション映画の特集

会期:7月27日(水)~31日(日)
観覧料:500円(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生) 

※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。(チケットの販売は上映の1時間前からです。)
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの原本の提示が必要です。)
※「わたすクラブ」会員の方は250円。(会員証の原本の提示が必要です。)
※幼児は無料ですが、保護者の同伴が必要です。


わんわん忠臣蔵 
監督:白川大作 声の出演:木下秀雄 西村晃




7月27日(水)11:00
7月29日(金)14:00

1963年/35ミリ/カラー/81分/東映動画

子犬のロックは母犬のシロと森の犬小屋で暮らしていた。しかしシロは虎のキラーに殺される。復讐を誓うロックは街に出て仲間を集める。物語は動物版の忠臣蔵。漫画家・手塚治虫が原案・構成を担当しており、愛らしい動物キャラクターとなっている。ラストの動物園での決闘は、東映動画の実力を見せつける見事な出来栄え。

長靴をはいた猫 
監督:矢吹公郎 声の出演:石川進 藤田淑子




7月27日(水)14:00
7月30日(土)11:00

1969年/35ミリ/カラー/80分/東映動画

猫のペロはネズミの命を助けたため王様の怒りにふれ、殺し屋に狙われる。ペロはピエールと出会い共に旅をする。ピエールはローザ姫を見て一目ぼれするが、魔王のルシファーが姫をさらってしまう。ギャグをふんだんに盛り込んだ娯楽アニメーションの傑作。井上ひさし等が脚本を担当している。

ジャックと豆の木 
監督:杉井ギサブロー 声の出演:市村正親 山本リンダ




7月28日(木)11:00
7月30日(土)14:00

1974年/35ミリ/カラー/98分/ヘラルドエンタープライズ=グループ・タック

貧しいジャックは牛を売りに行き、不思議なおじいさんが持つ魔法の豆と交換する。翌日豆は天に届くほどに成長。雲の上からネズミがやって来て、マーガレット姫を助けるようにジャックに頼むのだった。有名な民話を元にした物語だが、かなり脚色を加えて、長編ミュージカル映画としている。豪華な声優陣に楽しい音楽、さらにフルアニメーションという贅沢な作りの作品。

11ぴきのねこ 
監督:藤本四郎 声の出演:郷ひろみ 納谷悟朗




7月28日(木)14:00
7月31日(日)11:00

1980年/35ミリ/カラー/84分/ヘラルドエンタープライズ=グループ・タック

トラネコ大将を中心にした11匹の猫は、長老から1か月は食べられるという伝説の魚の話を聞く。みんなは魚を捕まえるために旅に出る。様々な苦労を乗り越えるうちに11匹の団結は強くなっていく。ベストセラーとなった馬場のぼるの同名の絵本のアニメ化。原作の味わいを大切にアニメ化されている。歌手の郷ひろみがトラネコ大将の声を担当。

あれはだれ?




7月29日(金)11:00
7月31日(日)14:00

監督:岡本忠成

1976年/35ミリ/カラー/21分/KKエコー


おこんじょうるり



7月29日(金)11:00
7月31日(日)14:00

監督:岡本忠成

1982年/35ミリ/カラー/26分/KKエコー


注文の多い料理店



7月29日(金)11:00
7月31日(日)14:00

監督:岡本忠成

1991年/35ミリ/カラー/19分/KKエコー


日本を代表するアニメ作家・岡本忠成の3作品を上映。「あれはだれ?」は毛糸を使った動物たちのかわいいアニメ。全10話のオムニバス作品。「おこんじょうるり」は浄瑠璃で病気を治せるキツネのおこんと、いたこのばあさんの交流を描いた感動作。「注文の多い料理店」は宮沢賢治の名作を独自の解釈でアニメーション化した作品。


上映スケジュール

ページの先頭へ