特別企画

アッバス・キアロスタミ監督特集

イラン映画の巨匠・アッバス・キアロスタミ追悼上映


会 期:平成28年7月5日(水)~7月16日(日)※休館日・休映日除く
観覧料:
600円(大人)500円(大学生・高校生)400円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方及び福岡市在住の65歳以上の方は300円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)

※「わの会」会員の方は300円。(会員証の提示が必要です。)


パンと裏通り Bread and Ally

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:レザ・ハシェミ メヘディ・シャハヴァンフール    




7月5日(水)14:00  
7月8日(土)11:00

1970年 
35ミリ/モノクロ/11分/イラン
日本語字幕付き

おつかいでパンを買った少年は路地を通って帰ろうとするが、犬が少年の前をふさぐ。少年は犬が怖くて通れなくなる。シンプルで微笑ましい作品で、キアロスタミ監督のデビュー作。

トラベラー The Traveller

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:マスウード・ザンドベグレー ハッサン・ダラビ    




7月5日(水)14:00  
7月8日(土)11:00

1974年
35ミリ/モノクロ/72分/イラン
日本語字幕付き

10歳の少年ガッセムはサッカーが大好き。テヘランで行われる試合を見たいガッセムは親の金を盗んだり、先生に嘘をついたりなどして懸命にお金を工面する。そして汽車に乗りやっとの思いでスタジアムにたどり着く。キアロスタミ監督初の長編映画。キアロスタミ監督らしい結末が見物。

友だちのうちはどこ? Where is the Friend’s Home?

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ボバック・アマドプール アマッド・アマドプール     




7月6日(木)11:00  
7月12日(水)14:00


1987年
35ミリ/カラー/83分/イラン
日本語・英語字幕付き

アーマッドは自宅に帰ると級友レザのノートを間違えて持って帰ったことに気が付く。アーマッドはレザにノートを返そうと隣村まで行くが、なかなかレザの家が見つからない。友達の家を探して何度も山道を往復するアーマッドの姿をカメラは静かに追い続ける。さわやかな感動と胸を打つラストシーンで、本作はキアロスタミ監督の代表作として世界中の映画ファンに愛された。80年代イラン映画の代表作である。

ホームワーク Homework

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:アッバス・キアロスタミ     




7月14日(金)14:00 
7月16日(日)11:00


1989年
16ミリ/カラー/86分/イラン
日本語字幕付き

キアロスタミ監督が小学生たちを取材し、宿題を通して学校教育の現状についてリサーチしようとするドキュメンタリー。子どもにとって宿題とは何かを考えることでイランの小学校教育と社会の問題に踏み込んでいく。撮影は87年テヘランの小学校で行われ、キアロスタミ監督自身がインタビューする。

クローズ・アップ Close Up

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ホセイン・サブジアン モフセン・マフマルバフ    




7月6日(木)14:00 
7月16日(日)14:00


1990年
35ミリ/カラー/97分/イラン
日本語字幕付き

ある青年が著名な映画監督モフセン・マフマルバフになりすました罪で逮捕される。事件に興味を持ったキアロスタミ監督は刑務所に面会に行き、被害を受けた家にインタビュー、さらに裁判の撮影許可を得る。テヘランで実際に起きた事件を再現しながら、ドキュメンタリーを組み込んで製作した作品。キアロスタミ監督初期の代表作の1本である傑作。

そして人生はつづく And Life Goes On…

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ファルハッド・ケラドマンド プーヤ・パイヴァール     




7月7日(金)11:00  
7月15日(土)11:00


1992年
35ミリ/カラー/91分/イラン
日本語字幕付き

1990年イラン北部で地震が起きる。そこは「友だちのうちはどこ?」のロケ地であり、キアロスタミ監督は出演者の安否を確かめるために現地に向かう。そして被災した人々などそこで出会った人を記録し、ドキュメンタリーとフィクションが融合した作品として完成させた。映画は被災した人々に捧げられたものだが、映画とは何かというキアロスタミ監督の問題意識が表現された作品でもある。カンヌ映画祭ロッセリーニ賞を受賞。

オリーブの林をぬけて Through the Olive Trees

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ホセイン・レザイ モハマッド・アリ・ケシャヴァーズ     




7月7日(金)14:00 
7月15日(土)14:00

1994年
35ミリ/カラー/103分/イラン
日本語字幕付き

「そして人生はつづく」の映画撮影現場。夫婦の夫役に抜擢されたホセインだが、妻役のタヘレがセリフを言えなくなる。実はホセインは実際にタヘレに求婚して親に断られていたのだ。「友だちのうちはどこ?」から続く「ジグザグ道三部作」の完結編。詩的で美しいラブストーリーで、キアロスタミ監督の国際的評価を決定づけた作品。

キアロスタミとの一週間 A Week With Kiarostami

監督:茂原雄二  出演:アッバス・キアロスタミ ファザード・ソラビ




7月12日(水)11:00 
7月14日(金)11:00

1999年
デジタル/カラー/90分/日本
日本語字幕付き


キアロスタミ監督の「風が吹くまま」(99年)を撮影しているイラン西部のクルド人の村に密着し、世界で初めてキアロスタミ監督の撮影方法を記録したドキュメンタリー。俳優やスタッフと監督のやりとり、台本がなくその場のひらめきで進行する撮影の様子などが記録されている。

シーリーン Shirin

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ジュリエット・ビノシュ ニキ・キャリミー   




7月9日(日)11:00

2008年
デジタル/カラー/92分/イラン
日本語字幕付き


叙事詩「ホスローとシーリーン」はペルシャのホスロー王と美女シーリーンの愛の物語。本作では「ホスローとシーリーン」に基づく映画が上映されるが、我々観客が見るのはその映画を観ている女優たちだけである。映画は100人を超える女優たちの顔を次々に写しだし、彼女たちはクライマックスには涙を流す。キアロスタミ監督による驚愕の実験作。劇場未公開作品。

トスカーナの贋作 Certified Copy

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:ジュリエット・ビノシュ ウィリアム・シメル     




7月5日(水)11:00 
7月8日(土)14:00
7月13日(木)11:00

2010年
デジタル/カラー/106分/フランス=イタリア
日本語字幕付き
©Laurent Thurin Nal

イタリア南トスカーナの村。イギリス人ジェームズが出版した本の講演にやって来る。そこにギャラリーを経営する女性がやって来る。別の日ジェームズはギャラリーを訪れ女性とドライブに出かける。キアロスタミ監督が初めてイラン以外の国で制作した作品。物語が進むうちに観客を混乱させる内容であり、マジックのような物語に最後まで目が離せない。ジュリエット・ビノシュは本作でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞。

ライク・サムワン・イン・ラブ Like Someone in Love

監督:アッバス・キアロスタミ
出演:奥野匡 高梨臨     




7月9日(日)14:00 
7月13日(木)14:00

2012年
デジタル/カラー/109分/日本=フランス

ワタナベタカシは80歳を過ぎた元大学教授。ある日死んだ妻に似た女性・明子をデートクラブで見つけ家に呼ぶ。翌日明子を大学まで送るワタナベだが、大学の入口には明子の恋人のノリアキが待っており、ワタナベを明子の祖父と勘違いする。キアロスタミ監督が日本で制作した作品で本作が遺作となった。わずか3人の登場人物による1日の物語だがそのリアリティーの素晴らしさは見事である。


上映スケジュール

ページの先頭へ