通常上映

アニメーション特集

親子で楽しめるアニメーション映画の上映


会 期:平成29年8月11日(金・祝)〜8月13日(日)
観覧料:500円
(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)

※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)

※幼児は無料ですが保護者の同伴が必要です。


白蛇伝 

監督:藪下泰司
声の出演:森繁久彌 宮城まり子     




8月11日(金・祝)11:00
8月12日(土)14:00

1958年/35ミリ/カラー/79分/東映動画

美しい娘パイニャンと若者シューセンは恋をする。高僧・法海はパイニャンが蛇の化身であることを知り二人の仲を裂こうとする。東映動画の記念すべき長編映画第一作であり、日本初の長編カラーアニメーション。すべて声を森繁久彌と宮城まり子の二人でこなしており、国内で成功しただけでなく海外にも配給された。

おとぎの世界旅行 

監督:横山隆一
声の出演:木下秀雄 辻村直人 




8月11日(金・祝)14:00
8月13日(日)11:00

1962年/35ミリ/カラー/76分/おとぎプロ

ソーラン老人とオケサ青年は蒸気自動車ヨサコイ号に乗って世界各地でマンガ映画上映の旅に出る。アフリカ、ヨーロッパ、中国、日本そしてアメリカと上映会の旅は続く。漫画家・横山隆一による「おとぎプロ」の劇場公開作第3弾。挿入される短編作品は、鉄道模型を使った立体アニメ、浮世絵風のアニメなどバラエティに富んでいる。

龍の子太郎 

監督:浦山桐郎
声の出演:加藤淳也 吉永小百合




8月12日(土)11:00
8月13日(日)14:00

1979年/35ミリ/カラー/75分/東映動画

大飯食いの太郎は天狗と相撲をして勝ち、百人力の力をもらう。太郎は、おばあさんから太郎を出産した後龍に変わった母親の話を聞く。そして太郎は母親探しの旅にでる。物語は信州に古くから伝わる民話を題材としたもの。「キューポラのある街」で知られる浦山桐郎監督初のアニメーション作品。母親の声を吉永小百合が担当している。

上映スケジュール