通常上映

ベトナム映画特集

70年代から現代まで、ベトナム映画の秀作を上映

福岡県・ハノイ市友好提携10周年記念
日越外交関係樹立45周年
協力:福岡県国際局


会 期:10月3日(水)~20日(土)※休館日・休映日除く
観覧料:500円
(大人) 400円(大学生・高校生) 300円(中学生・小学生)
※定員制。各回入替制。
※チケットはすべて当日券。前売り券はありません。
※障がい者の方は無料。福岡市在住の65歳以上の方は250円。(手帳や保険証などの提示が必要です。)

※「わの会」会員の方は250円。(会員証の提示が必要です。)


福岡県・ハノイ市友好提携10周年


福岡県は、2008年にベトナムの首都ハノイ市と友好提携を締結し、環境、青少年、経済などさまざまな分野で交流を積み重ね、友好の絆を深めてきた。 2009年には、福岡市にベトナム総領事館が設置され、ベトナム航空の直行便がハノイ、ホーチミンの2都市へ就航するなど、ベトナムとの交流基盤が整備されている。 今年6月、友好提携10周年を記念して、新たに農業交流を行うための覚書が調印された。また、今年は、日本とベトナムの外交関係樹立45周年でもある。福岡県とハノイ市、日本とベトナムの関係がより一層深まることが期待される。




覚書締結式(2018年6月、ハノイ市にて)


愛は17度線を越えて The 17th Parallel Days and Nights

監督:ハーイ・ニン 出演:チャー・ザン ラム・トイ     




10月3日(水)14:00
10月6日(土)14:00


1975年/35ミリ/モノクロ/184分/ベトナム
日本語字幕付き

1954年。北緯17度線で南北ベトナムが分断される。境界線の村に住むジウは解放軍の幹部として南に残る。地主が次々に共産党員を摘発し、ジウは村の組織のリーダーとなる。68年に米軍が17度線上を無人地帯とする決定をする。その時ジウは地区全体のリーダーだった。当時のベトナム映画界の総力を挙げて製作したプロパガンダ映画。主演のチャー・ザンはモスクワ映画祭主演女優賞を獲得した。(途中5分の休憩あり)

おかあさんはおるす While the Mother is Away

監督:グエン・カイン・ズー 出演:ヴァン・ズン ホン・ズエン     




10月3日(水)11:00
10月6日(土)11:00


1979年/35ミリ/モノクロ/65分/ベトナム
日本語字幕付き

ベトナム戦争時代、南部のメコンデルタ。母親と5人の子どもが暮らしていた。母親は合図があると数日出かけてしまう。その間10歳の長女ベーを中心に子どもたちだけの生活が始まる。母親はゲリラであるため戦闘に出かけるのだが、映画では母親が何をしているかは描かれない。映画はただ子どもたちが悪戦苦闘しながら生活する様を描き出す。心が締め付けられるような切なさと愛おしさを感じる作品。

旅まわりの一座 Traveling Circus

監督:ヴィエト・リン 出演:テー・アイン タイ・ガン   





10月4日(木)11:00
10月7日(日)11:00


1988年/35ミリ/モノクロ/80分/ベトナム
日本語字幕付き 

村々をめぐるサーカスの一座がある村にやって来る。村は飢饉であり、村人はかごからお米が沢山出てくる手品に夢中になるのだった。その村では金がとれるという噂があり、サーカスの座長は料金として金のかけらを村人に持ってこさせる。ベトナムを代表する女性監督ヴィエト・リンによる作品。スイスのフリブール映画祭でグランプリを獲得している。

黒いサボテン The Black Cactuses

監督:レー・ザン 出演:ヴィエト・チン ヴォー・テー・ヴイー     




10月4日(木)14:00
10月7日(日)14:00

1991年/35ミリ/カラー/88分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

中部ベトナム。青年ライは黒人米兵と少数民族チャム族の娘の間に生まれた子ども。その出生から村のはみだし者扱いされるが、チャム族の娘マーと愛し合い周囲の反対を押し切って結婚する。チャム族の鮮やかな民族衣装、大地に根を下ろすサボテンの姿など社会の底辺で生きる人々の生命力を感じることができる。90年代のベトナム映画を代表する傑作の1本。

ナイフ Luoi Dao

監督:レ・ホアン  出演:ミ・ズエン ティエウ・アイン・ズオン  




10月5日(金)11:00
10月11日(木)14:00


1995年/35ミリ/カラー/90分/ベトナム
日本語字幕付き

ベトナム戦争末期のある南部の村。村で老婆が解放軍の銃弾に倒れる。祖母の死を知った孫娘のニュエは解放軍への復讐を誓う。ニュエが暮らす神父の家は解放軍の宿舎であり、ニュエは若い兵士ズンと知り合い惹かれていく。しかしズンこそが祖母を撃ち殺した兵士だった。ベトナム国内のキリスト教徒の村という設定が珍しい。外界を知らない無垢な少女ニュエを演じたミ・ズエンは一躍注目された。

ロイテ ―誓い― Loi The 

監督:グエン・トゥオン・フォン  出演:ミ・ズエン ドン・ズオン     




10月5日(金)14:00
10月11日(木)11:00


1996年/35ミリ/カラー/98分/ベトナム
日本語字幕付き

ベトナム戦争中のサイゴン大学。チュンとカインは恋人同士で学生運動をしていた。カインは収容所に入れられ、そこで出産する。チュンはベトコンとなり、南北統一後英雄となるのだった。ベトナム戦争時代の大学の学生運動が描かれている珍しい映画だが、戦争の英雄が金儲けのために不正を行うなどの現代的なテーマが盛り込まれている。ベトナムを代表する女優レ・ヴァンと新鋭のミ・ズエンの共演が華やかである。

砂のような人生 Sandy Lives

監督:グエン・タイン・ヴァン  出演:ドン・ズオン マイ・ホア     




10月8日(月・祝)14:00
10月12日(金)11:00

1999年/35ミリ/モノクロ/90分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

南北ベトナムが統一した1976年。カインは妻トアが待つ南ベトナムの村に20年ぶりに帰ってきた。再会を喜ぶ二人だが、実はカインは北部でタムという女性と結婚し子どもまでいたのだ。映画の村はベトナム戦争の中間地帯で、南北統一まで自由な往来ができなかった。二人はばらばらに暮らしたお互いの20年を仕方ないこととして受け止めている。べトナム映画でしか描けない傑作の1本である。

朝よ 来ないで The Golden Key

監督:レ・ホアン  出演:ミ・ズエン タ・ゴック・パオ     




10月8日(月・祝)11:00
10月12日(金)14:00

2000年/35ミリ/カラー/88分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

ベトナム戦争末期のハノイ。防衛隊に所属するズンのもとに令状が届き、翌朝前線に出発することになる。ズンは恋人のニュエと結婚式を挙げ最後の一夜を過ごそうとする。しかし急なことなので二人のための部屋が見つからない。監督は少年時代にベトナム戦争を体験しており、その時の体験をもとに若い二人のささやかな幸せを描こうとしている。

グァバの季節 Guava House

監督:ダン・ニャット・ミン  出演:ブイ・バイ・ビン ラン・フォン     




10月13日(土)14:00
10月18日(木)11:00


2000年/35ミリ/カラー/103分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

ホアは13歳の時グァバの木から落ちて頭を打ち、それ以来知的発達が止まってしまった。それから30年がたち、ホアはアパートで一人暮らしをしていたが、時々昔の家を見に行くのだった。監督自身が書いた小説「昔の家」を映画化したもの。ホアは13歳から精神的成長が止まっており、純粋で美しい過去に生きている。失ってしまった古き良きベトナムが愛惜の念をもって描かれる秀作。

メタオ There was Once a Time When…

監督:ヴィエト・リン  出演:ズン・ニー ミン・チャン    




10月13日(土)11:00
10月18日(木)14:00

2002年/35ミリ/カラー/108分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

20世紀初頭のベトナム。メタオ地方の領主グエンはハノイに来て演奏会に出かける。演奏会で楽士タムは恋人を守ろうとして人を殺してしまう。グエンはタムを領地に匿う。またグエンは婚約者が自動車事故で死んだことで現代文明を憎み、領内から現代文明を排除しようとする。フランス植民地時代のベトナム。ベトナムの伝統が失われつつある時代を背景に、登場人物の儚い愛の物語が哀愁を帯びた楽曲と共に語られる。

ゴミの山の大将 King of Rubbish-Dump

監督:ドー・ミン・トゥアン  出演:ヴォー・ホアイ・ナーム グエン・ビック・ゴック    




10月14日(日)11:00
10月19日(金)11:00

2002年/35ミリ/カラー/101分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

チョンはゴミ捨て場に捨てられた中古品を売買して金を稼いでおり、自らを「ゴミの王様」と呼んでいた。ある日チョンは花売りのトゥイと出会い一緒に暮らすようになる。トゥイの純真な心に触れるうちチョンはゴミ捨て場で働く人々の事を考えるようになる。社会主義社会のベトナムが大きく変わろうとする姿が、ゴミ捨て場に暮らすチョン達に投影されている。

アオザイ The White Silk Dress

監督:リュー・フィン・リュー 出演:グォック・カイン チューン・ゴック・アイン




10月14日(日)14:00
10月19日(金)14:00

2006年/35ミリ/カラー/143分/ベトナム
日本語・英語字幕付き


1954年のフランス植民地時代のベトナム。孤児のグーは役人の召使として働いており、同じ召使のザンと愛し合う。やがて南北ベトナムが成立。二人は川のほとりに住み着きしじみを取って生活する。やがて4人の娘も産まれる。娘は中学生になりアオザイを着て登校するように言われるのだが、貧しい二人は子どもに着せるアオザイを準備できないのだった。アオザイはベトナムの民族衣装だが、監督はアオザイをベトナム女性のアイデンティティーとして描き出す。グーの母親の形見もアオザイであり、戦争の中でも失われないベトナム女性の美しさと強靭さを象徴している。監督はアメリカで映画製作を学んでおり、新しい時代のべトナム映画として、本作は釜山国際映画祭とアジアフォーカス・福岡国際映画祭で観客賞を受賞した。

伝説の男 The Legend is Alive

監督:リュー・フィン・リュー  出演:ダスティン・チー・グエ チャン・ティエン・トゥー    




10月17日(水)11:00
10月20日(土)11:00

2008年/35ミリ/カラー/106分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

ロンは知的障がいのある青年。寺院の前に捨てられていた赤ん坊を武術指導者であるロンの母親が育てたのだ。母親はロンに、父親はアメリカに住むブルース・リーだと伝えていた。そして母親の死後ロンは父親に会おうと旅立つのだった。ブルース・リーのファンである監督がオマージュを捧げたような作品で、ベトナム版のカンフーアクション映画である。

きのう、平和の夢を見た Don’t Burn

監督:ダン・ニャット・ミン  出演:ミン・フーン マシュー・コークス    




10月17日(水)14:00
10月20日(土)14:00

2009年/35ミリ/カラー/105分/ベトナム
日本語・英語字幕付き

1970年ベトナム戦争中の南ベトナム。28歳の女医トゥイは野戦病院で怪我人の手当てをしていた。やがて米軍は爆撃されたその野戦病院を発見し、米兵フレッドがトゥイの日記を拾う。フレッドは日記をアメリカに持ち帰り、日記の翻訳を行う。この映画は実話を基にしたもので、フレッドが拾った日記は35年後にベトナムに住むトゥイの母親に返還された。福岡観客賞を受賞した感動作。

上映スケジュール

ページの先頭へ