企画上映

アジアの女性映画監督再考 第1期:インド篇

会期:8/17(土)~8/30(金) 


監督プロフィール



 








サイー・パラーンジペー Sai Paranjpye

ヒンドゥー語映画界における女性監督のパイオニア的存在。
1938年、ウッタル・プラデーシュ州の州都ラクナウ生まれ。父はロシア人の水彩画家、母は女優・作家で後に国会議員となったShakuntala Paranjpye。幼い頃に両親が離婚し、オーストラリアに高等弁務官として赴任していた母方の祖父の下で育つ。
幼少期から才能に恵まれ、8歳の時には自作の童話が出版される。作家、脚本家を経てテレビ界入り。長編劇映画の第1作『Sprash(接触)』(80)は数々の賞に輝き、続く第2作『Chashme Buddoor(邪視よ去れ)』(81)は興行的に大きな成功を収め、2013年にはリメイク版がリリースされている。第4作『希望の行方』(91)、第6作『メロディ』(97)はアジアフォーカス・福岡映画祭で上映された。
パラーンジペー監督は来福時のシンポジウムでアジアのフィルム保存の困難な状況を訴え、「福岡にアジアのフィルム・ライブラリーを作っては」と提言し、それが福岡市総合図書館映像ライブラリー(現在のフィルムアーカイブ)開設へとつながった。
その後もテレビや映画製作、そしてインド児童映画協会の会長を2期務めるなど活躍を続け、2006年にはインド政府よりパドマ・ブーシャン勲章を受章。2016年に自伝をマラーティー語で発表するとベストセラーとなり、2020年には第5版と英語版も出版されている。 (監督画像はご本人より2022年提供)












ハントーナ・ボルドロイ
Santwana Bardoloi

1948年、アッサム州グワーハーティー生まれ。アッサム医科大学で医学博士号を取得し、小児科医として同州のディスプル病院に勤務。現在も同病院のディレクターを務めている。
学生時代に女優としてデビューし、ラジオや舞台・テレビで活躍、そして映画監督として2作品を送り出している。
初の長編映画『飛びたち』は、作家インディラ・ゴスワミによるアッサム語小説を原作として1996年に発表された。医師として働くかたわら、わずか1か月の休みをとって制作した本作は、女性の願望や愛のあり方をオープンに描いた画期的な作品となった。アッサム語映画史における傑作として高く評価され、インド国際映画祭他で受賞、国内外の映画祭において上映された。
そして、20年の歳月を経た2016年、2作目となる長編『Maj Rati Keteki』を発表。名優アディル・フセインが主演を務め、ケーララ国際映画祭等で公開。『飛びたち』と同様に、インドのナショナル・フィルム・アワードにおいて最優秀アッサム語映画に選出された。2015年にはインド政府よりパドマ・ブーシャン勲章を受章している。 (監督画像は1997年アジアフォーカス福岡国際映画祭上映時)












アパルナ・セン
Aparna Sen

1945年、コルカタ生まれ。父は映画監督・評論家で、サタジット・レイ監督とともにコルカタ映画協会を設立したチダーナンダ・ダスグプタ、母は衣装デザイナーのスプリヤ・ダスグプタ。1961年にサタジット・レイ監督の『三人の娘』で女優としてデビューし、その後ベンガル語・ヒンドゥー語映画界のトップ女優として活躍。
一方、1981年には監督として初作品『チョウランギー通り36番地』を製作し、第1回マニラ国際映画祭でグランプリを受賞し、さらに『パロマ』(1985)を発表。監督としての代表作ともいえる『パロミタ』(1999)、『Mr.&Mrs.アイヤル』(2002)、そして日本人女優を起用した『妻は、はるか日本に』はアジアフォーカス・福岡映画祭で上映された。
1987年、インド政府よりパドマ・シュリー勲章を受章し、現在に至るまで監督として16作品、女優としても数多くの作品を送り出している。監督最新作である『The Rapist』 (2021)は釜山国際映画祭でキム・ジソク・アワードを受賞。2024年1月のロッテルダム国際映画祭ではアパルナ・センに関するドキュメンタリー『Parama – A Journey with Aparna Sen』(シュモン・ゴーシュ監督)が公開され、現在も映画界の注目を集める存在である。 (監督画像は2011年アジアフォーカス福岡国際映画祭上映時)












スーニー・ターラープルワーラー
Sooni Taraporevala

1957年ボンベイ生まれの脚本家、写真家、映画監督である。パールシー教徒(インドのゾロアスター教)の一家で育ち、奨学金を得て米国のハーバード大学に進学し、1980年学士号を取得。そしてニューヨーク大学大学院で映画理論・映画批評を学び、修士号を取得した後、インドに帰国し、プロの写真家として活動する。
脚本家として注目を集めたのは、アカデミー賞の最優秀外国映画賞にノミネートされた『サラーム・ボンベイ!』(1988)。その後、脚本作として、『Mississippi Masala』(1991)、『My Own Country』(1998)、『Dr. Babasaheb Ambedkar』(1999)、『Such a Long Journey』(1999)、『The Namesake』(2006)を発表し、高い評価を受けた。
映画監督としては、自身の出身であるパールシーの人々が住む地区を舞台とした『僕はジダン』(2007)で長編デビューを果たす。脚本も担当した本作は、インド政府のナショナル・アワードをはじめ国内外の映画祭で受賞し、大きな成功を収めた。同じく監督・脚本を手がけた第二作『Yeh Ballet』は、ムンバイの労働者階級出身のバレエ・ダンサーを描いた作品である。バーチャルリアリティーによるドキュメンタリーで、ネットフリックスで公開されている。
写真家としての活動も継続し、作品は世界各国の美術館で展示され、デリーの国立近代美術館やニューヨークのメトロポリタン美術館ではコレクションとして収蔵されている。
2014年、インド政府よりパドマ・シュリー勲章を受章し、現在もムンバイに在住している。 (監督画像は2011年アジアフォーカス福岡国際映画祭上映時)

上映作品の紹介はこちら